危険なハチ退治は業者に任せることが肝心!

男の人
鼠

最初に行うこととは

ネズミ駆除を行うという場合には、業者に依頼する方法と自身で行う方法とがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自身の希望に合った方法を選ぶようにしましょう。事前に見積もりを依頼することで、費用に関するトラブルを回避することが出来ます。

一軒家

生活エリアを守るため

鳩はベランダや屋上など人間の生活エリアに侵入し、鳴き声や糞による被害をもたらします。そのためネットやワイヤースクリーンを張ることで、鳩の侵入を防ぐという対策がよくおこなわれています。また対策には、鳩を怯えさせるヘビやカラスの置物や、追い払う効果のあるバラやタバコの匂いなども使われています。

個人で対処するのは危険

困る人

刺激をしないこと

生活の中で突然ハチと遭遇してしまったらどうしたらいいのでしょうか。例えば、家の中に入ってきたら。殺虫スプレーがあれば安心ですが、殺虫剤を使用しないで部屋から追い出すことも可能です。ハチは、明るい方へ移動する習性があります。窓を開ければ自然と明るい外へ出ていく可能性が高いです。どうしても出ていきそうにないときは、殺虫剤で退治します。車を運転中に、窓からハチが入ってきたら、慌てずに車を停めましょう。窓やドアを開けていれば自然と出ていきます。驚いて手で追い払うなど刺激すると刺されてしまうことがあります。屋外にいても、ハチが飛んでいるからと追い払うと、ハチが攻撃してくることがあります。静かにその場から離れるようにします。

早めに依頼し撤去する

ハチは刺激しなければ襲ってくることはほとんどありません。ですが、家の近くや、人間が通る場所の近くに巣が作られていたら、退治した方が安全です。スズメバチのような毒を持ったハチは、なるべく早く退治します。また、比較的おとなしいアシナガバチでも、巣をスズメバチが襲いに来ることがあるので早めに退治します。退治は、基本的には個人では行いません。知識があれば別ですが、安易に行うと、自分が刺されたり、周辺の住民が刺されたりと事故につながる可能性があります。また、ハチの巣は壁の中や、屋根裏など高所で入り組んだ場所に作られることがあります。このような点から、退治は専門業者に依頼した方が良いです。退治だけではなく、アフターフォローもあるので安心できます。

女の人

害獣駆除を任せよう

ねずみ駆除の料金は業者によって異なりますが、アフターサービスなどが違うこともその理由です。アフターサービスがしっかりしている駆除業者なら、後日ねずみが出てきた場合でも無料で対応してくれるので便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加